OPPOラボ

OPPO関連の最新情報をお届け

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

OPPOスマホの標準アプリ、オッポ以外のAndroid端末でも利用可能に

OPPOスマートフォンに内蔵されている標準アプリの多くは、原則としてOPPOスマートフォン・タブレットでのみ利用することができます。

しかしOPPO標準アプリの中の、一部のアプリがGoogle Playストアで配信されており、OPPO以外のAndroidスマートフォン・タブレットで利用できるようになったことが分かりました。

 

2種類のOPPO標準アプリが他社端末にも開放

OPPOは、Google Playストアにおいて端末の内の楽曲ファイルを再生する「Music」アプリ、ブラウザ「Internet Browser」アプリを、オッポ以外の端末でも利用できるよう配信を開始しています。

MusicアプリはOPPO全機種に、Internetアプリは一部モデルに内蔵されているオッポ端末の標準アプリで、これまではOPPO製品でしか提供されていませんでした。

現在はGoogle Pixelなどメーカー・機種を問わず、アプリの動作要件を満たしていればインストールし利用することが可能となっています。

左 : OPPO 右 : 他社製Androidスマホ

 

OPPOから移行後も慣れたアプリが使えるように

標準アプリの一般配信開放により、過去にOPPOを利用しているユーザーが、他社のAndroidスマートフォンに機種変更しても、上記2つのアプリについては継続して利用できるようになりました。

旧機種で慣れていたメーカー製標準アプリを、新しいスマホにそのまま持ち込んで使えるのは、ユーザーとしてはメリットとなります。

メーカーが変われば固有のアプリは使えなくなることが多い

なお「Internet Browser」アプリについては、2023年以降に発売されたOPPO製品から内蔵されるようになっていて、見慣れないというOPPOユーザーも少なくないでしょう。

現在オッポでは、2022年以前に発売されたスマートフォンにもソフトウェア更新を通じて「News Plus」という同等の機能を持つアプリの追加を進めています。

このため一部の機種では、今後新しく標準アプリにNews Plusと、Playストアでは配信されていませんが「APP Pick」というアプリが追加されていく見通しです。

関連記事 : 【OPPO】はじめから入っている「標準アプリ」で消してもいいアプリ