OPPOラボ

OPPO関連の最新情報をお届け

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

OPPO Japan 次期Reno11 Aのスペックを匂わす。2年ぶりにCPUチップセットが変更

OPPO Reno Aシリーズは、2年前に発売された「OPPO Reno7 A」以降、搭載チップセットがSnapdragon 695 5Gから変更されておらず、CPU性能の向上が滞っています。

今月20日に発表される次期OPPO Reno11 Aでは、2年ぶりにCPUが変更されることが、OPPOがSNSに投稿したReno11 Aのスペックを匂わすポストの内容から分かりました。

 

OPPO Reno11 AのCPU情報を「匂わし」

OPPO Japanは13日、旧Twitterの公式Xアカウントを更新し、次期OPPO Reno11 Aの情報を示唆する投稿を行いました。

投稿されたポストには「この数字は皆さんの毎日のスマホライフをよりパワフルに快適にできるかも...!?」という言葉とともに、『7050』と書かれた画像が公開されています。

ポストでゲームやスマートフォンの操作性などに言及していることから、数字は次期モデルに搭載されるCPUを指しているものと推測されます。

この数字から次期Reno11 Aには、現行モデルのSnapdragon 695 5Gは搭載されないことが読み取れます。

現在7050のナンバーを持つチップセットには、台湾MediaTekの『Dimensity 7050』があり、海外で発売されているOPPOスマートフォンにも一部モデルで採用されています。

現段階では予想にはとどまるものの、Reno11 AにはDimensity 7050が搭載される可能性が浮上することになりました。

海外で発売中のDimensity 7050搭載のOPPOスマートフォン

 

Reno7 A以来2年ぶりにCPUが変更されるか

OPPO Reno Aシリーズは、2022年に発売された「OPPO Reno7 A」以降、搭載されているCPUが『Snapdragon 695 5G』から変更されておらず、2年間スペック面での進化が滞っている状況にあります。

2年連続でSnapdragon 695 5Gを採用した背景について、OPPO Japanのプロダクトマネージャーは、格安SIMサービスを手掛けるマイネオが運営する「マイネ王」の取材で端末の総合的な仕様や価格のバランスを取った結果であるためと説明しています。

引用元 : 【最速レビュー】最新端末OPPO Reno9 Aって何が変わったの?OPPOに突撃して聞いてみた!

今年発売のOPPO Reno11 A(仮称)は、2世代ぶりにCPUが変更される可能性が高い見通しとなりました。

2月に発売された「OPPO A79 5G」は、全モデルから大きく性能・機能面での向上がみられており、次期Reno11 AでもOPPO Reno9 Aから、CPUを焦点にどれほどの変更が加えられるかが注目されることになりそうです。

 

関連記事 : 発表間近とみられる次期「OPPO Reno11 A」はリリースを待つべき?

情報元(Source) 1 : X - @OPPOJapan

情報元(Source) 2 : 【最速レビュー】最新端末OPPO Reno9 Aって何が変わったの?OPPOに突撃して聞いてみた! - YouTube

情報元(Source) 3 : OPPO Reno11 F 5G - The Portrait Expert Smartphone | OPPO Global