OPPOラボ

OPPO関連の最新情報をお届け

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

OPPO Pad Airに初回ソフト更新。新機能など変更加わる

OPPO Japanは9月29日に販売をスタートした「OPPO Pad Air」に発売後はじめてのソフトウェアアップデートを開始しました。

既存の問題が修正されるほか、新機能などいくつかの変更が施すとしています。

 

問題改善など4つの変更がソフト更新で実施

OPPO Pad Airへのソフトウェア更新は10月から配信されており、計4つの変更が行われます。

タブレットに通知された案内によりますと、Androidセキュリティパッチが9月のものに統合しセキュリティが向上するほか、既存の問題を修正するとしています。

また最近使用したアプリがドッグに表示する機能が追加され、「OPPO Pad Air用スマートカバー」使用時にオートスリープ機能を切り替えができるようになるということです。

更新ファイルのサイズは256MB、ソフトウェアバージョンは「OPD2102A_11_A.16」です。

 

更新後機能などが追加される

アップデートをOPPO Pad Airにインストールしたところ、まずホーム画面に変更が加わっていることが確認できます。

アプリを常に表示させておく「ドッグ」に背景が表示されるようになり、右端には最近使用したアプリが表示されるようになっています。

これによりアプリの切り替えがよりスムーズになりました。

またオートスリープをオン・オフできるトグルが追加されており、これはオートスリープに対応したカバーを利用したときに稼働します。

逆に対応する製品を装着していない場合はバッテリーを余分に消費する可能性があり、無効化することで電力消費を抑える効果にも期待できそうです。

ほかAndroidセキュリティアップデートの日付が2022年9月5日となり、OPPO Pad Airは最新のセキュリティにより保護されます。

関連記事 : オッポ、OPPO Pad Air用スマートカバーを発売