OPPOラボ

OPPO関連の最新情報をお届け

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

オッポ、「OPPO Pad Air」一部モデルの販売を終了

2022年9月に発売されたOPPO Pad Airの最安モデルである64GBモデルが、OPPO公式 楽天市場など一部で販売を終了したことが分かりました。

上位モデルである128GBモデルは引き続き販売が続けられています。

OPPO Pad Airは、ことし9月で発売から2年が経とうとしているモデルであり、後継モデルが出る前触れである可能性も考えられます。

 

OPPO Pad Air最安の64GBモデルが販売終える

OPPO公式 楽天市場店は、2024年7月8日までに、タブレット「OPPO Pad Air」の一部モデルの販売を終了しました。

同店の販売ページから削除されており、今回姿を消したのはOPPO Pad Airで最安モデルであった『64GBモデル』です。

現在は64GBモデルより、2,000円高価な128GBモデル(3万9800円)のみが取り扱われていることが確認できます。

楽天市場店から姿を消したOPPO Pad Air 64GBモデルですが、一方で「OPPO公式オンラインショップ」「OPPO公式 Yahoo!ショッピング店」では、今なお販売が続いています。

ただOPPO公式 楽天市場店で販売終了していることを踏まえると、上記2店でも終売の可能性は否めない状況と言えます。

安価な64GBモデルを検討しているユーザーは、在庫状況に注意する必要がありそうです。

OPPO公式オンラインショップでは、月末まで特定の時間帯にOPPO Pad Air全モデルのセールを実施しているため、お得に購入できる場合があります。

OPPO公式オンラインショップ

 

OPPO Pad Airも後継機の登場が近いか?

安価な選択肢である64GBの終売によって、今後後継機が登場する前触れである可能が出てきました。

OPPO Pad Airはことしの9月28日で、発売2年目となり、後継機へモデルチェンジしても不思議ではない時期に移りつつあります。

OPPO Pad Air 64GBモデルの終売により、現在残るタブレット製品はOPPO Pad Air 128GBモデル(3万9800円)と、OPPO Pad 2(8万9800円)の2モデルとなりました。

このまま行けば128GBモデルも今後終売することが予想されますが、そうなると、タブレットのラインナップは高価格帯モデルであるOPPO Pad2のみに絞られることになります。

OPPO Pad 2はAndroidタブレットの中では高価格帯機種

低価格帯製品が人気を博している国内のAndroidタブレット市場で、オッポが高価格モデルのみを売り込んでいくとは考えにくく、現行機種と価格の近い後継モデルのリリースが予想されます。

海外では既に低価格タブレットとして『OPPO Pad Neo』という製品、Pad Airの事実上の後継機として発売されていて、日本市場への投入が期待されるところです。

海外で発売中の低価格タブレット : OPPO Pad Neo

関連記事 : 4つのOPPO製品が一斉セール。7月31日まで最大22,000円オフ 一部特典付き

 

情報元(Source) 1 : OPPO公式 楽天市場店

情報元(Source) 2 : OPPO公式オンラインショップ

情報元(Source) 3 : OPPO公式Yahoo!ショッピング店