OPPOラボ

OPPO関連の最新情報をお届け

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

発表間近とみられる次期「OPPO Reno11 A」はリリースを待つべき?

OPPO Japanが近くOPPO Reno Aシリーズの新モデル「OPPO Reno11 A」(仮称)を発売することが確実となっており、来月にもリリースされる可能性が高い見通しです。

一方で発表前の現時点でオッポを買うとなると、今後型落ちになる見込みの「OPPO Reno9 A」などが選択肢に入ります。

OPPOの購入を検討している場合、間もなく登場するOPPO Reno11 Aを待つ必要はあるのでしょうか?

 

OPPO Reno11 Aの発表がかなり近いことが判明

OPPO Japanは、今月中旬に次期OPPO Reno Aシリーズの最新モデルを近く発表することを、各メディアに送付した「予告状」で明らかにしています。

予告状のカードには次期Reno11 Aの発表日時関する具体的な記載は含まれていないものの、このような一風変わった予告を行っている所を見ると、発表次期が近づいてきていることが伺えます。

なおOPPO Japanは、2020年以降OPPO Reno Aシリーズの新作を毎年6月に発売しており、今年も来月頃の発表・発売になる可能性が高い見通しです。

 

 

次期「Reno11A」は待つべきか

新機種のリリースが確実なっている現状、いま販売されている「OPPO Reno9 A」や「OPPO Reno7 A」の購入は一旦見送るべきなのでしょうか?

新機種に関する情報は、送付された予告状の中で断片的なヒントが示されており、ある程度予想することができますが、いずれも憶測を範囲にとどまります。

次期OPPO Reno11 Aの予告状の裏に記された「ヒント」

買い替える際に、スマートフォンの年式や性能や機能性の高さを重視している場合は、OPPO Reno11 Aの発表を待ってから決める余地は十分にあるでしょう。

現行のOPPO Reno9 Aは、まもなく2世代型落ちになるOPPO Reno7 AとCPUが同じ(Snapdragon 695 5G)であるなど、新旧の差が少ないモデルです。

あくまで予告状に記されたヒントからの予想に過ぎないものの、2年ぶりにCPUのモデルチェンジが行われる見方もあって、次期Reno11 AではReno5 A以来の大きな変更が望める可能性が否めません。

 

 

Reno11 A買わずとも発表後の「値下げ」に期待

一方でスマートフォンの新型や性能に大きなこだわりがなく、新しいモデルでなくとも十分というユーザーも少なくないでしょう。

しかしそうした人でも、次期OPPO Reno11 Aの正式発表を待ってみる価値があります。

それは新モデルのリリースに伴う旧モデルの値下げです。

OPPO Japanは、スマートフォンの後継モデルの発表前後に値下げをした前例が複数あります。

今は販売中の機種で見ますと、OPPO Reno9 Aの発表の約3か月前の2023年3月には、OPPO Reno7 Aが5千円の値下げが実施されています、

さらにOPPO Reno7 Aは今月5月にされに値下げが行われ、現在は3万円台前半で購入できるようになっています。(OPPO公式 楽天市場店)



OPPO Reno11 Aの発表前後で、特に価格設定の変動に注目したいのは「OPPO Reno9 A」です。

OPPO Reno9 Aは昨年6月に発売以降、1度も値下げが実施されないまま、新機種のリリースを迎えようとしています。

今後発表日が近づくにつれて価格の改定が行われる可能性があるほか、新機種の発表後に値下げされるという展開も予想できます。

このため、OPPO Reno11 Aでなく旧モデルを選ぶ予定のユーザーも、発表の前後で主にReno9 Aの価格に変更があるか、様子見してから機種を見定めてもよさそうです。

 

関連記事 : 次期OPPO Reno11 A、今年は旧機種からどんな変更が期待される?