OPPOラボ

OPPO関連の最新情報をお届け

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

「OPPO Reno9 A」Android 14バージョンアップ、全モデルへの配信状況と見通し

2024年5月上旬頃より、スマートフォン「OPPO Reno9 A」Android 14(ColorOS 14)へのソフトウェアアップデートが開始されました、

一方で配信が行われているのは現時点で特定のモデルだけとなっていて、本記事ではOPPO Reno9 AのAndroid 14の対応状況と今後の見通しをまとめました。

 

Android 14が配信中のOPPO Reno9 A

2024年5月17日時点で、「OPPO Reno9 A」Android 14・ColorOS 14へのソフトウェアアップデートが配信されているのは、オッポ直販の「SIMフリー版」1モデルのみとなっています。

SIMフリーモデルのモデルナンバー(型番)は「CPH2523」です。

明確な配信回日に関しては公開されていないものの、5月10日ごろからソフト更新が実施されていることが、利用者の報告から分かっています。

一方で同じSIMフリーモデルでもソフトウェア更新が提供されていない個体もあり、今後順次拡大していくものと考えられます。

 

アップデート確定済み「楽天版」

楽天モバイルから販売されているOPPO Reno9 A、通称楽天版Reno9 Aには、2024年5月17日時点で、Android 14は配信されていません。

一方で楽天モデルのOPPO Reno9 Aは、楽天モバイルが昨年10月に公開した「Android 14へのバージョンアップご提供製品」の中に含まれています。

このため楽天モバイル版のOPPO Reno9 AへのOSバージョンアップの実施は確定しており、今後早期配信が待たれています。

楽天モバイル「Android 14へのバージョンアップご提供製品について」

 

今後配信される可能性が高い見通し「ワイモバイル版」

OPPO Reno9 AにはSIMフリー版と楽天モバイル版、それにワイモバイルから発売されているY!mobile版が販売されています。

ワイモバイルは、Android 14の配信対象機種を公開していないため、現時点でOS更新の実施は明らかではありません。

ただワイモバイルでは3世代前のOPPO Reno3 Aより、発売から1回はOSバージョンアップを実施しています、

このことからワイモバイル版OPPO Reno9 Aにも、本機種としては1度目のOS更新となるAndroid 14へのアップデートが行われる可能性が高いとみられます。

ワイモバイルは過去発売したOPPO全機種に1度以上のOS更新を実施済み

 

Reno9 A各モデル アップデート時期の予測

OPPO Reno3 AからOPPO Reno7 Aまでのアップデート実績を見ますと、SIMフリーモデルの配信後、次にOSソフトウェアアップデートが行われているのは、ワイモバイル版が多い傾向にあります(au版はReno9 Aに無いため除く)

具体的にはOPPO Reno3 AとOPPO Reno5 Aで、楽天版よりワイモバイル版のほうが早く実施されています。

旧モデルではワイモバイル版のほうが早く配信されている

このことからOPPO Reno9 Aでも、2番目にOS更新が行われるのはワイモバイル版3番目は楽天モバイル版となる可能性があります。

配信時期についてはReno Aシリーズ旧モデルでは、SIMフリーモデルの配信開始から数週間から長くて数カ月程度遅れてから実施されてきした。

一方で「OPPO Reno7 A」では、一部モデルにOSバージョンアップの大幅な遅れが生じるなど配信慣例にも変化が出ていて、Reno9 Aにおいては一層早期実施が期待されることになりそうです。

 

関連記事 : Android 14になったOPPOスマホ。一部モデルに「機能差」が発生

情報元(Source) 1 : Android 14へのバージョンアップご提供製品について | 製品のお知らせ | 楽天モバイル