OPPOラボ

OPPO関連の最新情報をお届け

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

6月で販売終了した「OPPO Reno9 A」型落ちモデルになって販売が再開。

後継機の発表により型落ちになった「OPPO Reno9 A」は、今月上旬にOPPO公式オンラインショップなどから姿を消し、販売を終了していました。

しかしOPPO Reno11 A発表後に、OPPO公式オンラインショップで型落ちしたReno9 Aの販売が再開されていることが分かりました。

一方で楽天市場などの他の公式ストアでは復活しておらず、一時的な復活であると考えられます。

 

「OPPO Reno9 A」ホワイトのみ販売再開

OPPO Reno9 A

OPPO公式オンラインショップ は、2024年6月24日までに、スマートフォン「OPPO Reno9 A」の販売を再開しました。

OPPO Reno9 Aは今月上旬に同店のラインナップから削除され、商品ページにアクセスを試みても、すでに取り扱っていないことを示すページが表示されるようになっており、一定期間販売終了の状況にありました。

こうした中、6月24日までに「OPPO Reno9 A」が復活し、現在「ムーンホワイト」のみが購入できるようになっています。

価格は販売終了前と同じ定価の4万6800円となっていて、後継機Reno11 Aより2,000円安価です。

なお「OPPO公式楽天市場店」では、OPPO Reno9 Aは既にラインナップ上に残っておらず、「OPPO公式Yahoo!ショッピング店」では少なくとも半月以上在庫切れとなるなど、事実上販売終了と言える状況になっています。

在庫が復活しているのはOPPO公式オンラインショップのみとなっています。(2024年6月24日16時時点)

OPPO公式楽天市場店 Reno9 Aは既に終売

 

あえて定価の「Reno9 A」を購入する価値はあるか

一時的なものと思われますが、再び購入することができるようになった「OPPO Reno9 A」ですが、後継機が出ている今購入する価値はあるのでしょうか?

まず後継機のOPPO Reno11 Aと比べて、明確に旧モデルの『OPPO Reno9 A』が勝っている点としては、まず価格が挙げられるでしょう。

OPPO Reno11 AとOPPO Reno9 Aの価格差は2,000円となっています。留意する点としてはReno9 A自体型落ち機種である上、Reno11 Aでは全体的なスペックが大きく向上しています。

ポイント還元により実質価格は4万3920円と旧Reno9 Aより安い

次に「イヤフォンジャック」の有無があります。

OPPO Reno11 Aでは、3.5mmイヤホンジャックが廃止され、有線イヤホンはUSB Type-Cのものに統一されることになりました。

最後にOPPO Reno11 Aでは防水性能が見直され、IP68からIP65にグレードダウンしています。

Reno11 AがReno9 Aに明確に劣っていると言える点は、この3つ程度となっています。

水場など水没の恐れがある環境下での使用が多いなど、特段の理由がない限りは、2,000円多く払って後継機に手を伸ばしたいところです。

 

OPPO公式オンラインショップ

 

関連記事 : アマゾン「OPPO Reno11 A 発売記念BOX」販売開始。1万3000円お得に購入可能

情報元(Source) 1 : スマートフォン | OPPO公式オンラインショップ

情報元(Source) 2 : スマートフォン本体(simフリー) - OPPO公式 楽天市場店

情報元(Source) 3 : OPPO公式Yahoo!ショッピング店